新妻聖子さん(六本木アリーナ)テレ朝

2017年08月4日: カテゴリー:スズキ, 新妻聖子さん

昨日、新妻聖子さんを見に、久しぶりの六本木に。
六本木アリーナは小さめの野外ステージなので天候に左右されますが、昨日は涼しくてとっても気持ちいい天気。

六本木アリーナ

近くの広場で
3~4人の若い女の子たちが話していて
「5時ごろリハーサルが始まるよ」というと
その言葉通り
5時すぎにリハが始まり、まだ中は見えないモノの、生の音が六本木ヒルズに響きわたり、臨場感が高まり胸も高鳴ります。
6時開場で、整理券順に入ると
ステージから8~9メートルの、ど真ん中、真正面。
初ライブの幸運に感激。

オープニング
いきなり大好きな「ラマンチャの男」でテンション上昇。
トランペットの音と共に颯爽と登場。
合間のトークでも
「トランペットが鳴ると新妻聖子が現れる」
とジョークがでるくらい本人もお気に入りらしい。

1曲終わった辺りで、
六本木ヒルズに黄昏が訪れて良い感じに。
野外ステージっていいですね。

5曲終わって、
アンコールは
「I will always love you」
Whitney Houston
全6曲に感激です。
(リハの様子で予想つきましたが)

力をたくさんもらえました。

今月末のミニライブの抽選、
どうか当たりますように。

1才3ヵ月の赤ちゃん来院

2017年07月7日: カテゴリー:八柱カイロ

丸商ビルに移転オープンしてから1ヵ月。
久しぶりに1才の赤ちゃんが来院。

child adjustment を受け始めると、
初めおとなしく、途中少しぐずりましたが、最後は大丈夫に。

終わってから待合のソファーで「鳥の図巻」を見て、こぼれんばかりの笑顔に。
鳥の写真に目が輝いたのを見て「好きなんですねー」とお母さんも驚いた様子。

以前、
赤ちゃんのお兄ちゃんが小児喘息が、施術で改善したので妹さんもつれて来られたそうです。
今、お兄ちゃんは野球で暴れているそうです。
いつも2~3才以上の幼児が多いので、1才のお子さんは久しぶり。
愛嬌があって可愛くて、たまらないですね。

和顔愛語

2017年01月4日: カテゴリー:八柱カイロ

年も明け 2017年が始まりました。
タイトルの「和顔愛語」は、
いつも笑顔に優しい言葉(愛のある)を忘れずにという仏教用語です。
今年一年、これでいけたら素敵ですね。

本年もよろしくお願い申し上げます。

八柱カイロプラクティック
妊娠中の腰痛・肩こり
小児喘息と整体治療
松戸市の整体院

医者と患者の会話

2016年08月29日: カテゴリー:病院ジョーク

ある病院での医者と患者の会話です。

患者:「今日は薬が多いんですけど、この赤い丸薬は何ですか?」
医師:「それは胃酸を抑える薬です」
患者:「この黄色のは何です?」
医師:「それは血圧を下げる薬ですよ」
患者:「白くて大きいのは?」
医師:「総コレステロール値ですな」
患者:「このカプセルの黄色と白のは?」
医師:「血糖値も少し気になるのでね。その薬ですよ」
患者:「そうですかー。で、緑色のカプセルは何ですか?」
医師:「前立腺にアプローチしますよ」
患者:「色々ですねー。で、この黒くて小さいのは何です?」
医師:「そりゃ君―。・・・薬の飲み過ぎに効く薬ですよ」

♪♪♪

八柱という地名ありません(日本には)

2015年03月27日: カテゴリー:八柱カイロ

八柱という名称は幾つかあります。
八柱カイロプラクティック・八柱駅・八柱霊園などですが、現在、八柱という地名は日本に存在しません。
もっとも、昔は有ったようです。
「明治22年(1889年)東葛飾郡八柱村が大橋・秋山・高塚新田・紙敷・和名ヶ谷・河原塚・田中新田・串崎新田の8ヶ村の合併によって発足。昭和13年(1938年)市制施行のために松戸町に吸収合併。その後一旦使用されなくなった八柱という名称は鉄道開通に伴い位置をずらして復活。しかし新京成・JRの両駅ともその所在地は旧八柱村内ではない場所にある。」と、なっていますが定かではありません。
その由来は何れにしても、今現在、日本の市区町村名に八柱が無いのは間違いありません。
では、世界中何処にも無いのかと調べてみると、中国福建省に有りました。
中国福建省泉州洛江区八柱
中国福建省泉州南安市八柱

何か不思議な気がします。

3 / 41234